讃岐うどんの特徴とは!?

讃岐うどんの誕生

讃岐うどんとはご存知の通り香川県の特産品です。
香川県は自らを「うどん県」と名乗るほどうどんを使って観光PRをしており、総務省の行った調査によると1世帯当たりのうどんの年間消費額の圧倒的1位は香川県となっており、県外の人も県内の人も香川県ではうどんを食べる文化が広く浸透しております。

讃岐うどんの歴史を紐解くと、讃岐が生んだ弘法大師空海が関係していると言われています。
中国に渡った空海はそこで麺の文化に触れ、技術を日本に持ち帰り、讃岐うどんの礎を作ったと言われているのです。

もともと讃岐地方は降水量が少なかったため、麦を作ってこともあってうどん作りが盛んに行われたと言われています。

讃岐うどんの特徴

さて、讃岐うどんの特徴はその「コシ」にあると言われていますが、美味しいうどんのコシとはどういったものでしょう。

ただ食感が固めなだけであれば少し固めに茹でればいいだけですが、美味しい「コシ」とはやはり口に入れた瞬間の柔らかさと噛むとモチッとするしっかりとした食感だと考えられます。

また、讃岐うどんの出汁の特徴はイリコの出汁です。
伊吹島で取れるカタクチイワシのイリコの出汁で作られたおつゆは上品で風味があってしっかりとした旨味が感じられます。

うどんが主食の讃岐うどん

讃岐うどんという名称ですが、全国生麺類公正取引協議会と公正取引委員会は「どこで作っても物は同じ」との見解を示したことから香川県産のうどん以外でも、讃岐うどんという名称を使うお店や商品が増えてきました。

うどんが主食の讃岐うどんはもちろん香川県産。うどんが主食が食べ歩きで得た経験をモトに職人が塩分量、水分量、練りの時間などをしっかりと調整して作られています。

出汁には伊吹産のイリコや利尻の昆布など全国から選び抜いた13種類以上の最高の素材を使い、じっくりと時間をかけて抽出。

本当のさぬきうどんを自宅で気軽に味わいたい方は是非ご賞味いただければと思います。

⇒ うどんが主食 プロデュース 半生讃岐うどん