讃岐うどんに最適な小麦粉は?

うどんの原材料は小麦粉です。

日本で一番有名な「讃岐うどん」にはどのような小麦粉が使用されているのでしょうか?

「讃岐うどん」の原材料で使用されている小麦粉について、ご説明しましょう。

「讃岐うどん」に使う小麦粉に定義はあるのか?

讃岐うどんの定義は「讃岐地方(香川県)で生まれて作られてきたうどんであること」以外に特に決まった規定も概念もありません。

したがって、讃岐うどんの原材料に関しても記載はなく、国産でも外国産でも美味しいうどんができれば問題なしとされています。

実際に、讃岐うどんに使用されている小麦粉はオーストラリア産の小麦粉「ASW」が主流です。

かつては小麦の名産地として知られた讃岐地方。

農業の衰退は讃岐も例外ではなく、県内の小麦生産が激減したことから、60年ほど前から讃岐うどんの原材料はASWに頼らざるを得ない状況となっていました。

そんな中、香川県では県内産小麦の使用推進を目指し、県主導のブランド小麦「さぬきの夢2000」の開発に着手。開発当初は質・量ともにASWに及ばなかった「さぬきの夢」でしたが、改良に改良を重ねて、県内の讃岐うどん屋でシェアを伸ばしています。しかしまだまだ、ASWを使用している店舗の方が多いようです。

讃岐うどんに良く使われるのはオーストラリア産小麦粉「ASW」

讃岐うどんに良く使用されるオーストラリア産小麦粉「ASW」は「Australia Standard White」の略です。

「ASW」は日本で麺を作るために複数銘柄の小麦がブレンドされた小麦粉で、讃岐うどんに限らず、日本の製麺業界を支えているといっても過言でないほど日本市場を席捲しています。

製麺適性に優れた小麦を厳選しているだけあって、小麦生地の安定性や、黄白色のうどんの色調、適度な弾力の食感などの特性を持っており、長い間、製麺業界から高い支持を得ています。

讃岐うどんの為に開発されたブランド小麦「さぬきの夢」とは?

「さぬきの夢2000」や「さぬきの夢2009」は、讃岐うどんに最適な小麦品種を開発する為に開発された、香川県産ブランド小麦です。

2000年に生まれた「さぬきの夢2000」は独自の風味と食感が好評だったにも関わらず、粉の扱いが難しいとされ「製麺しにくい」という致命的なデメリットがあったため、さらなる改良を要しました。

「さぬきの夢200」の後継品種「さぬきの夢2009」は、もちもちとした麺の弾力性と滑らかさ、クリーミーな色など、さぬきの夢の特徴がうまく生かされ、加えて生地の伸びが良くなり製麺適性の面もクリアできました。

まだまだASWのシェアには勝てませんが、製麺しやすくなった「さぬきの夢2009」を扱う店舗も増えてきています。

香川県では毎年“「さぬきの夢」うどん技能グランプリ”を開催して「さぬきの夢」の普及に努めています。

いずれ、さぬきの夢がASWのシェアを超える日も来るかもしれません。